夢はイタリア旅行!!!!!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オリコン上位に食い込んだっ!!
2010年10月31日 (日) | 編集 |
eufoniusさんの比翼の羽根がオリコン7位まで上昇してるらしいですねっ☆
ツナグキズナも20位らしいです。

だ っ て 神 曲 だ も の っ ! !

自分用のメモ。
10/26
08位 絆-kizunairo-色
14位 Special"one"
22位 比翼の羽根
00位 ツナグキズナ

10/27
06位 絆-kizunairo-色
22位 比翼の羽根
24位 Special"one"
00位 ツナグキズナ

10/28
04位 絆-kizunairo-色
08位 比翼の羽根
20位 ツナグキズナ
00位 Special"one"

10/29
05位 絆-kizunairo-色
07位 比翼の羽根
25位 Special"one"
00位 ツナグキズナ

10/30
06位 絆-kizunairo-色
16位 比翼の羽根
22位 Special"one"
29位 ツナグキズナ

10/31
10位 絆-kizunairo-色
20位 比翼の羽根
00位 Special"one"
00位 ツナグキズナ

11/1
12位 絆-kizunairo-色
25位 比翼の羽根
00位 Special"one"
00位 ツナグキズナ
[続きを読む...]
今期はOPとEDが良い曲いっぱいだぁ!!
2010年10月28日 (木) | 編集 |
私が今期のOPとEDで気になってる曲は、
eufoniusさんの比翼の羽根
Team.ねこかん【猫】 featuring.天乙准花さんのツナグキズナ
Liaさんの絆-kizunairo-色
です。

ふと27日発売のCDのオリコンを見て、どれが一番人気あるのかなーと比べてみたら、Liaさんが想像以上に良い順位ですねっ!!てっきりeufoniusさんの方が売れてると思ったけど。むしろELISAさんの方が売れてる。
ELISAさんのCD買おうか迷ってて、PVが良かったら買おうと思ってたのに、発売日を迎えてもPV見れてない…。公式サイトでUPしてくれるものとばかり思ってたけど…。どんなPVなのか謎だ。どこで見れるかな…?
大満足です。
2010年05月02日 (日) | 編集 |
今さっきセイジャの式日読みきりました!
「不恰好な恋と旅立ちの物語」っていうから、最後どうなるのかと思ってドキドキしてたけど、そういう事だったんですね!目指すべき道が見つかったって感じですかね??
幽霊の噂があったから吉野さんの幽霊と会話して、吹っ切れた感じかとも思ってたけど。
「ここで死んだ人間なんかいないんだよ」っていうセリフは、「吉野さんが死んだのは生物準備室だから」って言う意味か、「吉野さんはまだ死んでないって自分に言い聞かせてる」のか、どっちなのかなって思いました。どっちも違うかもだけど。

ホントに是非映画化して欲しい!アニメで!由良は神谷さんでvv
映画になるとどんな感じなんだろうね~♪

読んでる時に無性に水彩画が描きたくなったけど、去年の大晦日で小学校の時の絵の具道具一式を捨てられたから何だか凄くテンション下がりました。本気で描いてみようと思ってみたのに。CG絵だと簡単に消せるから思い切って描いてみても上手くないって思って削除しちゃうんだよ。水彩画で画用紙に描いて形に残せたら、真剣に真面目に描けそうな気がする(笑)

柴村さんの次回作も期待してます♪
またやられました。相変らずミステリックな仕組みが得意な様で。
2010年04月06日 (火) | 編集 |
ハイドラの告白読破しました!

またまた由良はやってくれる!暴力的なところが格好良いね!
布施がアイツだったなんて!布施の肩書きで気付くべきだった!「クリエイター」に騙された(/_;)
ことごとく期待を裏切らない面白さ。
良い作品と出会いました
2010年03月26日 (金) | 編集 |
2年前に放送してた「我が家のお稲荷さま。」にハマってて、文庫本も気が向いたら買ってた(まだ4巻までだけど)んだけど、久しぶりに「そういえば新しい本書いてないのかな。」と思ってネットで検索してみたら、著者のブログを発見し、その情報によると、なんと新刊2冊も書いていらっしゃったよ!電撃文庫のサイトではたまに確認してたんだけど、まさか違う出版社(?)から出版してたなんてっ!!
紹介文を見てみたらすごく読みたいと思った「プシュケの涙」っていうのを買ってみました♪


ホントに、1ページ目から「面白い!」と思った本はコレしか無いんじゃないかな!?ってぐらいすぐにのめり込みました!大体面白くなるまで結構時間がかかるものが多いからね。
アニメとかでも「これこんなに面白くなるなら消さずに残しといたのに!」とかは日常茶飯事です(笑)

最初は榎戸川が主人公っぽかったから、榎戸川の視点で読んでたけど、何かたまに出てくるちょっと人を見下した様な態度が嫌だと思ってる内に由良の豪快な行為に魅力を感じ(?)、真相を知った時にはもう完璧に由良サイドでした(!?)
84ページ3行目には驚きました。って言うか、常に「えっ!?嘘っ!?」の繰り返し!全然先が読めなくてどんどん続きが気になる!旭くんには常にイライラしっぱなしで(笑)最後には2人共に怒りを覚えたり。

ラストには驚きと切なさが混ざりました。紹介文の最後「残酷なまでに切なく、身を滅ぼすほどに愛しい。」とはこのことかっ!!って思った。ホントに!!そしてその後ページをめくったら見えるあの挿絵!!上手過ぎます!先のページがめくれなくなった。。。

結末を知ってるが故の後半部分の物語は切なすぎる。この構成は見事だと思います。

「我が家のお稲荷さま。」の著者とは思えないくらいジャンルが違い過ぎて驚きです。
マーガレット(よく知らんけど)で連載する様な人がリボンで漫画描いてる様なもの(?)な感じがしました。

「プシュケの涙」は私が好きなジャンルの物語でした!もうお友達に薦めまくりました!昨日発売の続編「ハイドラの告白」が書店で売り切れてた理由がよく分かる!

「ハイドラの告白」も、その続編「セイジャの式日」も買って読みます!

ぜひ映画化して欲しい!!アニメで。全3章で。由良の声優さんは神谷浩史さんで!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。